キャンピングカーご利用マナー

キャンピングカーは乗用車と違って車内泊に必要な装備が備えられています。安全に正しく使用して頂きいつまでも気持ち良く、楽しくご利用して頂く為には、お客様一人ひとりがマナーを守ってご利用ください。

燃料について

燃料は満タンにてお渡ししますので、満タンでお返し下さい。満タンでお返し頂けない場合は、実走行距離に応じて当社が決める換算料金により、清算させて頂きます。

超過料金について

ご契約を延長して使用された場合は、超過料金を別途申し受けます。尚、ご連絡なく延長された場合は所定の違約金をお支払い頂きます。無断で契約日数を延長されますと、賃貸借契約違反になり、これより発生する損害はお客様の負担となります。

車内禁煙です

車内はすべて禁煙となっております。

土足厳禁です

土足で室内に上がると不衛生です。後で拭き掃除をしてもなかなかとれません。きれいに使うよう心掛けましょう。

バーベキューや焼肉など汚れや匂いの付くものは外でしましょう。

車内ではバーベキューや焼肉など車内を著しく汚す恐れのある食事は外で、しましょう。夜露や雨よけにはサイドオーニングを利用されると便利です。車内で万が一、ジュースや醤油、ビールなどをこぼした場合は、すぐに拭き取って下さい。時間が経つと取れにくくなります。小さなお子様がいらっしゃるところは汚れ防止シーツ等をご持参ください。

シートベルト着用

移動中は危険ですのでシートベルトを着用し座席に座ってください。特にお子様には注意しチャイルドシートを使用しましょう。ベット及びガスコンロ、シャワー、トイレの使用は移動中使用できません。

ペット同伴

小型・中型犬で室内飼いに限ります。( 狂犬病・5種以上混合ワクチン予防接種証明書必須 )出発前にシャンプーをお願いいたします。抜け毛の多いペットは洋服の着用又はシートカバーを掛けて下さい。バンクベットにはペットをあげないで下さい。基本的には、トイレは外で就寝時はトイレシートをご持参ください。粗相したときはすぐにふき取って下さい。又、ペットの安全の為、移動中はキャリーバックかケージに入れて下さい。

トイレ・シャワー使用のご注意

トイレットペーパー以外は流さないで下さい。シャワーを使用する時はトイレットペーパーを出して使用しないとぬれて使えなくなります。

賠償責任について

貸し出し賠償責任

万一の事故や故障で貸し出しが出来なくなった場合は料金は全額ご返却致しますが、お客様の宿泊先など全ての違約金は発生しないものと致します。

車両賠償責任

拭いても取れない汚れ

一ヶ所に付       2,000

シートやカーペットに穴を開けた場合

一ヶ所に付       10,000

土足・バーベキュー・焼肉などで、ひどく室内を汚した場合

             30,000

その他各備品を誤って破損した場合

例 カーナビ紛失・サイドオーニング破損 20万円

       実  費 

※ 車両事故免責補償制度にご加入されていても上記項目については適用されません。

持って行くと便利なもの

寝具(まくら・寝袋など)目覚まし時計・懐中電灯・入浴セット(タオル・シャンプー・

石鹸など)歯みがきセット・包丁・まな板・菜ばし・割り箸・紙皿・紙コップ・スプーン・フォーク・鍋・缶きり・栓抜き・トング・飲み水(キッチンの水は飲めません)・氷(冷蔵庫を早く冷やす)・軍手・雨具・救急箱・雨天時に車内での遊び道具

夏場・・・虫除けスプレー・蚊取り線香・帽子・ビーチサンダル

冬場・・・カイロ

当店にてキャンプ用品の無料レンタルもございます。

カセットコンロ、ピクニックテーブル(4人掛け)・スリムチェアー・クーラーBOX・チャイルドシートなど。詳しくはお問い合わせください。(紛失、故障の場合は実費請求となります)

キャンピングカーらくらく利用術

キャンピングカーをうまく使うには計画性も大事です。特に、現地で食事される方は食事場所の下調べが必要です。地方に行くと閉店時間が18時前後と早いところも沢山あり、道の駅も食堂は閉店が早いので、路頭に迷うことになります。美味しい食事が出来ないせいでせっかくの旅行が暗い雰囲気に・・・・

せめて食事場所・就寝場所は事前に決めて出発しましよう

戻る

inserted by FC2 system